食材店

コルシカ食材店

昨日の晴天はどこへやら。今日は朝から雨が降ったり止んだりです…catface

今日は並木先生のお使いで、コルシカ食材店を2軒まわってきました。

何故コルシカか、それは並木先生が企画している夏のツアーと関連しているから。

パリでもコルシカの食材を購入できるお店があるんです~

Dscf1312

1軒目は、U Spurtiru(ユ・スプンティニュ)。プランタンデパートのすぐそばにあります。

Dscf1296

カニストレリという栗粉のクッキーがコルシカの郷土菓子。量り売りしています。

Dscf1326

このお店のサンドウィッチは絶品!

お店が小さいこともありますが、昼時はこのサンドウィッチを買うために外まで人が並んでいます。

一緒に写っているのは、フィアドーヌというコルシカのチーズであるブロッチュで作られたチーズケーキです。これも美味しいです♪

Dscf1334

2軒目はA Loghja(ア・ロッジァ)。カルチェ・ラタン地域にあります。

Dscf1344

栗のコンフィチュールなどコルシカ名産品が並んでいます。

Dscf1347

栗の粉や焼き菓子等もあります。

様々なものがあって、じっくりみているとつい時間が経ってしまいます。(お店の人は迷惑ですが…)

パリで来た時に近くに行ったら、是非寄ってみてください~

他にもパリにはコルシカ料理のレストランもあります。

なお、コルシカの食材の詳しい説明については、並木先生のイベントツアーで沢山聞けるはず。

興味のある人は是非参加を~

U Spurtiru(ユ・スプンティニュ)
21 rue des Mathurins 75009
01 47 42 66 52

A Loghja(ア・ロッジァ)
58 rue de la montagne Sainte Geneviève 75005
01 44 07 05 74

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gerard Mulot @パリ6区

リュクサンブール公園からODEONに戻る途中、またしても寄り道…

Dscf1058

Gerard Mulot(ジュラール・ミュロ)です!ここは郁が来ていた時にも1度来たお店。

以前は日本にもお店がありましたが、日本で経営していた会社が倒産した影響で撤退してしまったんですよね…

特に福岡のお店は広くてお菓子もパンも沢山あって大好きだったので、撤退はとても悲しいこと…weep

でも、パリでは何一つ変わらず営業しているので、大好きなパンもお菓子も食べることができます。

そして何よりパリのお店で嬉しいのが、お惣菜が沢山あること!

Dscf1082

今日もやっぱりお惣菜を購入。

レンズ豆のサラダとSalade Oceaneというサーモン、アボガド、ポテト、トマト等が入ったサラダ。

これから夕飯で食べます~delicious

Dscf1075

そして、レジの横にあってつい買ってしまったMerveilles(メルヴェイユ)。
(だって買ってと言わんばかりに置いてあるから…)

ニースに行った時から始まった揚げ菓子をみると買う癖、そろそろ直さないとsweat01

Gerard Mulot(ジュラール・ミュロ)
76 rue de Seine 75006
01 43 26 85 77

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LE GARDE MANGER @パり12区

アリーグル市場のある通りにあるLE GARDE MANGER(ル・ギャルド・マンジェ)。

こちらはアルザス地方の食材を扱っているお店です。

FIGAROやELLE a tableで紹介されていたのを見て、アルザス好きの私はぜひ行かねばということで行ってきました。

Dscf0911

お店の前にはマルシェの出店がでているのできちんと写真が撮れず…

外から見てもコウノトリが見えたりアルザスな感じが伝わってきます!

中に入るとコンフィチュールやワインをはじめ、郷土菓子も沢山。

Dscf0908

ショーケースの中には写真のソーセージをはじめ、シュークルートの袋入りセットなど色々とありました。

上の写真のソーセージと、マンステールチーズ入りのパイを購入!

Dscf0936 Dscf0937

お店のお姉さんにマンステールチーズが入っていると言われた時に、マンステールチーズ好きなの~と言ったら本当?とニコニコ笑ってくれました。

そして、お試し用にコンフィチュールも購入。(買わなかったけどフェルベールさんのコンフィチュールもあります!)

Dscf0933

クエッチのコンフィチュール。

クエッチ知ってるの?とお姉さんに聞かれたので、去年アルザス行ったと話したら、「このお店の全てはアルザスのもので、私もアルザス出身なのよ~」ととても喜んでくれました。

私が日本人とわかったら、「日本の雑誌でも紹介されたのよ。FIGAROとELLE a tableに」と言ったので、両方読んだことを伝えたら本当に喜んでくれました。

あーこのお姉さんともっと話がしたいshine

でも、私の語学力ではこれが限界…sweat02

この時ほどフランス語や英語が話せないことを悔やんだことはありませんでした…weep

さて、今日の夕食はソーセージとマンステールチーズ入りパイを食べました。

どっちも味がしっかりしていて、美味しい~shine

シュークルートや、今日は見なかったけどフラムキッシュという写真で見る限りタルトフランべじゃないかと思うものなどまだ試してみたいものが沢山あるので、また行ってこようと思います。

次行く時は、FIGAROの切り抜き持って行こうかなぁ…

Dscf0945

ちなみに、買ったものはこんな可愛いビニール袋に入れてくれます。ショップカードもピンクで可愛いheart04

LE GARDE MANGER(ル・ギャルド・マンジェ)
17 rue d'Aligre 75012
01 40 01 02 31

| | コメント (0) | トラックバック (0)