ニース旅行

ニース散策 その3

ホテルをチェックアウトしてから空港に向かうまで時間があったので、荷物を預けて最後のニース散策に向かいました。

まず最初はサレヤ広場。月曜日は通常の朝市はお休みで、代わりに蚤の市が開かれます。

Dscf0336

本やアンティークの銀製品や布類など様々なお店が並んでいます。

Dscf0327

フェーヴを扱っているお店もありました。

でもニースの蚤の市について書いてある本や雑誌にはもっと沢山フェーヴが扱われているような書き方をしていたので、ちょっと拍子抜け…sweat02

気を取り直して、全てのお店を見て周ります。

元々雑貨とか布モノとか大好きなので色々と欲しくなるのですが、なんせ荷物がもう許容オーバー…

ネックレスを1つ買って我慢しました。

20ユーロと札のついていたネックレス。記念にと思い決めて支払いをしたら10ユーロ戻ってきて…?

マダムが半額に負けてくれたみたいです。

みんなにそうしているのかわかりませんが、ちょっと嬉しい気分になりました!

蚤の市を見終わった後は旧市街へ。

通りかかったパン屋の名前が「La Fougasserie」

Dscf0356

もしやフガス屋さん?と思い中に入ってみました。

Dscf0350

フガスありました!でも他のパンも色々とあり、フガス屋さんではなさそうです。

でも来てからフガスを食べていなかったので購入~

Dscf0352

ベニエ発見!こちらも購入~

どちらもパリに戻っての夕食および翌日の朝食になりました…

その後更に散策しているうちに、また布モノを買ってしまいました…

今回買ったのは家用。でもきっと帰ったらうちの母にまた買ったの?と言われるんだろうな…sweat02

まあいつものことなので、気にしないんですけど。

ただ、本当にこれで荷物は一杯。お店を見ているとまた衝動買いしてしまうので、ご飯を食べることに。

と言っても、11時半過ぎ。13時にはホテルに戻るつもりなのと、最後に海岸を散歩したいのもあり、手軽に食べれる物で済ませようと。

そこで思い出したのが、一昨日・昨日と旧市街の中で13時過ぎに通りかかった時に買う人の列と食べるところがすごいことになっていたお店。

ソッカ売っていたなぁと思い、そのお店を探すことに。

何となくの記憶を頼りに見つけました。まだ比較的空いている!

で、よくよくみると、並木先生の本に写真が出ていたお店に似ているような…

絶対大丈夫なはず!と勝手に確信を持って、並んでみました。

このお店は郷土料理のお店でした。ソッカだけでなく、ベニェやプティ・ファルシーもあります。

そしてソッカを頼んだあとで、パンバーニャを発見coldsweats02

でももう食べれない…と断念して、ソッカだけを食べました。

Dscf0367

昨日のソッカよりはしっかり焼いてある感じがしましたが、でも美味しいshine

1人テンション高く食べていたところで、隣のテーブルで食べていた人に声をかけられ。

日本人男性でした。写真撮ったり観光客丸出し状態だったから、日本人と判ったんでしょう。(そもそも私は日本人顔だけど…)

彼は1年間パリで働いて貯めたお金で色々なところを旅してから日本に戻るということでした。(ワーキングホリデーでしょう、多分)

リヨン・ブルゴーニュ・マルセイユに続いてニースに来たとのこと。

ニースに来たら日本人が沢山いてびっくりと言っていました。

(あれ?私そんなに見ていないけど…(ラファイエットグルメやモノプリにはいたけど))

この日の深夜便でミラノに入ってイタリアを周るそうです。

この後モナコに行ってみると話していた彼にマントンの話をしたら、興味深々で行ってみると意気込んでバスターミナルに向かって行きました。

久々に日本語で旅行の話とかして、何となく張りつめていたものが少し緩んで楽になりました。

ストレスなく会話ができるのって良いですね。

やっぱりちゃんとフランス語なり英語なり勉強しなきゃsweat01

と思いながら移動しているうちに、さっき食事したお店の写真撮っていないことに気づきました…sweat02

時間もないので、ホテルに向かいつつ海岸線を歩くことに。

Dscf0374

やっぱり最後まで天候はイマイチでしたが、でもニースも過ごしやすい街だと思いました。

もっと暖かい時期にまた来たいな~

多分6月末~7月にかけて来れると思うのですが…さてどうなることやらcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LACROIX @ニース

4泊5日のニース旅行もいよいよ最終日。

色々なことがあった分、とっても早く過ぎた気がします。

すでに荷物も多くなっているのでもう買い物は止めようと思いつつ、気になるお店へ…

LACROIX(ラクロワ)というショコラトリです。

あまりにニース情報がない!と思い慌ててインターネットで色々と調べていた時にこのお店を薦めているサイトを発見。

ホテルからも比較的近かったので行ってみました。

Dscf0315

ニースは早い時間から開いているお店が多いみたいです。

このお店も9時半前だというのに開いていました。

中に入ると、気さくなマダムが話しかけてきます。

Dscf0310

そして見せられたのが、「るるぶ」でした。

るるぶに載っているお店だったんですね~

フランスに関しては、旅行雑誌を見ないから知らなかった…coldsweats01

あと、可愛らしい雛祭りのカードも見せてくれました。

肝心のチョコレートですが、全てが1つづつ入ったセットを購入しました。

Dscf0414

9ユーロで10種類入っていました。あとはマロングラッセも購入。

すると、マダムがお土産を…

Dscf0323

アマンド・ショコラですhappy01

沢山買った訳でもないのに、この心遣いにとっても暖かくなりました。

アマンド・ショコラ、とっても美味しい~shine

素敵なお店に出会えました。

パリに戻ったらゆっくり味わおうっと~scissors

LACROIX(ラクロワ)
3 rue de la Buffa 06000 NICE
04 93 87 04 96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーニバル終了

カーニバルも終わりです。

20時からクロージングイベントがありました。

Dscf0166

王様と女王様は最後に海で燃やされてしまうので、これで見収めです。

このイベントは無料のため、スタント席にあがって見てみることにしました。

Dscf0193

とにかく人が多いです!

広場のところでは、子供たちが仮装をして参加しています。

Dscf0192

スタンド席では仮装をした人達と写真を撮る人が沢山いました。

写真に写っている女の子のお父さんも陽気な人で、近くにいた私や周りの人達にいたずらしたり騒いだりしていたのですが、仮装した人が近くに来ると、子供と写真を撮ってもらうために、お願いに行ったりと大忙しでした。

この家の子供たちがホント可愛かった♪小さい男の子もいたけど、すぐになついてくれて一緒に遊んでました。

Dscf0194

そして会場は歌ったり踊ったりと大騒ぎ。最後に終了宣言が行われて、クロージングイベントも終了。

Dscf0208

王様は燃やされるために移動していきました…

Dscf0210

来年のカーニバルは、2011/2/18~3/8だそうです。

そして、今度はマセナ広場から海岸へ。

ところが人が多すぎて、海岸に降りる場所がどこだかわからず…

そして海が見える場所も人だらけ…

すると物憂げな音楽が流れ出し、王様と女王様が海で燃やされました。

私は見ることができず…weep

その後、最後に花火があがりました。

花火だけは何とか人を掻き分けみることができました。

海からあげる花火で、日本の花火とは違い低い位置でのものが多かったです。

音楽に合わせながらあげる花火で、途中ラピュタの音楽もながれました!

最後に大きめの花火が沢山打ち上げられて、カーニバルは終了しました。

最後、ちょっと心残りではありますが、花火を見れたのでよかったです。

でも私は日本の花火の方が好きだな~shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニース散策 その2

ニース4日目。今日はカーニバル最終日。

夜のイベントまでは、のんびり過ごすことに。

まずはシャガール美術館に行ってきました。

地図でみると、ホテルから20分位で着きそうだったので、お散歩がてら歩きました。

Dscf0002

2007年末に開通したトラムです。国鉄駅から旧市街の方までこれに乗って行くこともできます。

シャガール美術館の近くまで来たところで、道に迷ってしまい、結局30分かかってようやく到着~

Dscf0008

Dscf0013

敷地にはお庭もありましたが、特に花も咲いていず…

春から夏にかけてはきれいなんだと思います。

絵画が中心に展示されていました。けっこう大きな作品も多数あり、みなさんベンチソファーに座ってゆっくり眺めていました。

シャガール美術館を出た後は、再び歩きでサレヤ広場の朝市に向かいます。

Dscf0023

途中通りがかった家に咲いていたミモザの花。

この日の天気もあいにくの曇り空でしたが、黄色い色が気分を明るくしますね。

Dscf0031

マセナ広場。昨日のパレードで登場したカーニバルの王様と女王様は、普段はマセナ広場にいます。

そしてサレヤ広場に到着。

今日は昨日食べれなかった、ソッカを食べることに!

お店に向かっている途中で、突然「こんにちは!」と声をかけられ…

観光できていたフランス人のおじさんでした。

知り合いが浜松にいるそうで、私の出身地など色々英語で聞かれました。

Dscf0034

陽気なおじさんでした。そしてこの日は3人のおじさんに声をかけられました。

おじさんキラーshine健在sign02(どうせならおじさんじゃなくて、もっと若い人がいい…sweat02

そして、目的のお店へ到着~

Dscf1752

ソッカを買う人の列ができています。

そしてみんなお持ち帰りで沢山買うので、中々順番がまわってきません。

結局並んでから買うまでに30分以上待ちました…coldsweats02

Dscf0040

この写真の人がテレザおばさんです。健在でした!

学習院生涯学習センターの並木先生の講座を受けてから早8年。

ずっとこのおばさんのソッカが食べたかったんですよね~happy02

Dscf0044

ソッカ。ヒヨコ豆のニース風お焼きです。

出来立て熱々を手で食べます。

美味しい~shine豆好きにはたまらない味です。

待ったかいがありました。この日を逃すと食べれなかったため良かった♪

その後、朝市でオリーブやいちごを買ってから、今度は旧市街へ。

Dscf0077

旧市街は細い路地が沢山あり、迷路のような感じです。

地図があれば大抵のところは歩ける私でも、どこにいるのかわからなる状態でした。

ここには色々なお店があり、食べ物屋だけでなくお土産屋だったり、見ていてとても楽しいです。

日曜日でもかなりのお店が開いていて、楽しく時間が過ごせました。

旧市街からまたお散歩を開始し、今度は海岸の方へ。

プロムナード・デザングレを歩きました。

Dscf0140

かの有名なネグレスコホテル。外側は工事中でした…

Dscf0141

昨日行ったマセナ美術館です。入口は逆側なので、海側から見た景色は初めて。

ネグレスコホテルの隣にあって、こちらの方が素敵な建物に見えました。

プロムナード・デザングレ通り沿いには大型観光バスが沢山止まっていました。

何だろう…?と思っていたら、実はみんなカーニバル最終日見学のためのバスだったんです!(夜にはもっと多くのバスになっていました…)

カーニバル最終日のためにどれだけ多くの人が集まっていたのか、夜に思い知らされるのでした…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カーニバル~イルミネーション・パレード

イルミネーション・パレードに行ってきました!
会場はホテルからすぐ近くのマセナ広場。
21時少し前位に行くと人が沢山いました。

このイベントは指定席20ユーロ、立見席10ユーロ、会場外では立見無料となっていたので、会場外から見ればいいかなと思っていたのですが、どこに行けば無料で見れるポイントなのかがさっぱりわからず…coldsweats02
なので、立見席券を購入して広場の中に入りました。

Dscf1911

広場の中もすごい人です!スタンド席(指定席)にも人が沢山います。
音楽とともに、パレードの開始です。

Dscf1940

カーニバルの王様です!写真じゃわからないですが、手とかうごくんです!

Dscf1947

続いてカーニバルの女王様が登場します。
会場内は大混雑。小さな子供たちは肩車されてみています。

Dscf1963

カーニバルの女王様。迫力あります…

Dscf1974

スタンド席では、仮装した人達が踊っています。それも細い手すりの上でsweat01

Dscf1988

Dscf2014

Dscf2022

Dscf2030

Dscf2031

Dscf2068

Dscf2071

Dscf2077

Dscf2079

Dscf2091

この籠の中に入っているカンは実際に会場で回収されたもの。
カーニバルではカラームースや紙吹雪を他人にかけて騒ぎます。(服は汚れません)
カラームースの空きカンを係員の人が集めて入れてました…

Dscf2104

他にももっと沢山あったのですが、ブレてしまっていて載せられない写真ばかり…bearing
これら全てのパレードが終わったら、23時を過ぎていました…coldsweats01
こんなパレードを街中でそれも夜に行うなんで、日本ではまずありえないこと。
(このパレード中、トラムは途中折り返し運転になっていましたし、道路も交通規制かかっていました)
2時間以上も外にいて疲れましたが、でも楽しかったです♪

私はホテルがすぐそばだったので楽でしたが、この後来ていた人達はバスやトラムで家路についていました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニース散策

モナコ・エズから戻ってきてから、滞在3日目にしてやっとニース散策です!

まずは旧市街の朝市のところへ。

13時前だったのですが、ギリギリまだやっていました!

Dscf1728

やはりニースといえば花市が有名。お花屋さんが沢山でていました。

Dscf1753

オリーブやタプナードを扱っているお店もいくつかありました。

Dscf1757

そしてこの写真のナベットを購入。ちょっと堅めのビスケットみたいな感じでザクザクと音をたてて食べれます。美味しかったです~shine

お昼時、お腹も空いているのでお店探しなのです。

まずは朝市に出ているソッカのお店に行ってみました。

でもソッカはもう売り切れとのこと…(というか、他の商品だってほとんど残っていないんですが…)

別の日にリベンジということで諦め、旧市街を歩きながら、郷土料理が食べれそうなお店を探しました。

Dscf1790

店名にSOCCA(ソッカ)と入っていることに気づいたのは入った後でしたが、外に出ていたコースメニューで前菜もメインも郷土料理が書いてあったので入って見ました。

一応メニューを貰って眺めていたところ、アラカルトメニューの前菜に「Assiette Nicoise」とあります。

これを頼むと、ニース郷土料理が沢山食べれる!と思い、コースではなくアラカルトで頼みました。

Dscf1783

左下から時計回りに、ピサラディエール、ソッカ、ベニェ(野菜の天ぷら。ズッキーニとナスでした)、ラタトゥイユ、あと右下のが料理名がわかりません…

Dscf1775

(どなたか、メニューつけておくので時間ある時に教えてください)

どれもおいしく完食しました!別に量は多くなかったと思うのですが、隣に座っていたカナダ人の女性は食べれないと残していました…(なぜ?)

Dscf1787

プティ・ファルシー・ニソワ。ニース風野菜の詰め物です。

野菜は玉ねぎ、トマト、ズッキーニ、ナスが使われていました。

熱々だったので、食べるのに苦労しましたが、美味しかったです!

前菜、メインとのんびり沢山食べていたら、隣にいたカナダ人女性2人組に「カーニバルの花合戦が始まるからのんびりしている場合じゃないでしょ!」と話しかけられました。

あーカーニバル。忘れていた訳ではないのですが、花より団子。ご飯が大事です。

夜のパレード見に行くつもりだったので、まーいいかと思っていたのですが…

私が1人でいたから心配してくれたようです。(でも確実に私より年下…)

大丈夫だよ、またどこかで~と挨拶をして別れました。

でもこのことでのんびりしている場合じゃない?と思ってしまい、デザートは頼まずにお店を後にしました…

その後カーニバル会場とは逆方向に歩き、城跡公園の展望台を目指しました。

Dscf1793

途中でプチ・トランに遭遇。

Dscf1804

展望台からの海岸線風景。この頃には曇ってしまい、どんより天気です…

この後は旧市街や歩行者天国でお買物をしました。

Dscf1821

メゾン・オエー。コンフィズリーやショコラを扱っているお店です。(道路が工事していて写真が見苦しいですが…)

このお店の前で、ランチの時に会ったカナダ人女性達と再び出会いました!

あれだけ意気込んで行った花合戦はつまらなかったとのこと…coldsweats01

だからこれから教会とか美術館見学に行くんだと言っていました。

私は買い物しかしていない…sweat01

触発された訳ではないですが、この後私も買い物を一旦止めて美術館に行くことにしました。

Dscf1831

マセナ美術館です。19世紀末の邸宅を利用した美術館で、絵画やポスターを見ることができますが、壁の装飾とか、天井の絵とか、そういう家の作りも素敵でした。

ただ、私が行ったのは17時15分頃。18時閉園だったので、私が2階の見学をしている横で、どんどん窓のシャッターを閉めていく係員…

まだあと20分あるから待ってよ~と思いながら、最後は駆け足で見る羽目に。

もっと時間に余裕を持って行くべきでした。

美術館を出た後は、ホテルに戻りながら再び買い物へ…

Dscf1889

途中で見つけた、Canelというコンフィズリー屋さん。

フリュイ・コンフィやカリッソン、ヌガー、パート・ド・フリュイなど私の大好きなお菓子が沢山…

つい買ってしまいましたcoldsweats01

ホテルに戻ってからふと我に帰って、私まだ日本には当分帰らないことに気づきました。

どーしよう、このお菓子…パリでもまだお菓子食べたいしなぁ…

日持ちしそうなものは極力日本に持って帰らなきゃ。

今だけすぐに日本に戻って、みんなでお菓子を食べたい心境にかられました…coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モナコ・エズ

モナコ・エズに行ってきました。

今回は半日ツアーに申し込んだのですが、私一人だけの参加でしたconfident

ガイドさんとお話をしていたところ、最近の天候はコート・ダジュールらしくないとのこと。

確かに曇ったり雨降ったりが多いかも…sweat02

モナコに向かう途中、幾つか絶景ポイントで写真タイム

Dscf1446

ここはニースからほど近いヴィルフランシュ・シュル・メール。

コート・ダジュールの中でも穏やかな気候の街だそうです。

Dscf1456

小さくて見にくいですが、右上の崖の上にあるのが、後ほど行くエズ村です。

土曜日だったので道も空いていて、ニースを出発してから40分位でモナコに到着。

違う国に入ったはずなのに、全くそんな感じがしません…

まず最初にモナコヴィル地区にある大聖堂近辺を散策。

Dscf1489

この辺りは高台にあるので、景色もすばらしいです。これはモンテカルロ地区を撮ったもの。

散策後、モンテカルロ地区に行くのですが、F1のコースを実際に走って移動です!

F1モナコグランプリは市街地レース。なので、道路にブレーキの跡などがちょっと残っていたりします。

途中上り坂が続いているんですね~熱心には見てないので知らなかったcoldsweats01

そしてカジノ広場に来たところで、再び自由時間。

Dscf1517

ル・カジノ・モンテカルロです。その前が広場になっていて、そして公園が続いています。

お天気が良くなってきたので、公園を散歩しました。

Dscf1541

飛行機雲も青空できれいに見えます!

ただ、のんびりし過ぎました。そういえばカジノに入っていないsweat01

でも残り10分…まあ全部見てしまうと次に来る理由もなくなっちゃうし、今回は入るのを止めました。

その後、残りのF1コースを走ってから、そのままエズ村へ。

半日ツアーのコースには香水工場の見学も入っていたのですが、行かなくてもいいですよと言ってもらえたので、パスしてエズ村の散策をのんびりすることにしました。

Dscf1558

まだ11時位だったからか、人もまばらでのんびり散策できました。

地図を貰って適当に歩いていると、みんな前からやってきます。

私は人が行かない方向から来たのかな??

でもおかげでマイペースに動けました。

エズ庭園にも入りました。(3ユーロかかります)

この中にエズで一番高い場所があります。そこまで歩いて行く途中、色々な種類のサボテンがありました。

Dscf1617

思わず伊豆のサボテン公園を思い出してしまいました…sweat02

一番上は高台の城跡で、かつての村の中心だった場所だそうです。

Dscf1646

下の街がとても小さくみえます。海からこんなに離れたところに、昔の人たちは自分達の身を守るためとはいえよく村を作ったなとびっくりします。

今ではエズ村は行きやすい場所になっていますが、この地域にはまだまだ観光客が行きにくい村が沢山あるそうです。

お天気にも恵まれのんびりとした時間を過ごすことができました。

エズもモナコも自分で行こうと思えば行けるところではありますが、やはり車で連れて行ってもらうのは楽だし時間の短縮になります。

おかげで、戻ってからのニース散策に時間をたっぷり当てることができました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニース3日目

今日は午前中モナコ・エズにツアーに参加して行き、戻ってきてからはニースの旧市街を散策したり、小物や郷土菓子の買い物に走り回り、そして21時からはカーニバルのイルミネーション・パレードに参加してきました!

今日も盛りだくさんで、書きたいことは色々あるのですが、外で2時間以上も立ちっぱなしだったので、疲れました…coldsweats02

なので、別途アップします。

明日はカーニバル最終日。明日も夜は大騒ぎになることでしょう…

Dscf1926

(イルミネーション・パレードの一コマ。王様の登場(と観客のすごい人…))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マントン

ニース2日目。起きた時には小雨が降っていました。

でも、雨は朝だけでした。

今日は長距離バスを使って、マントンに行ってきました。

Dscf1184

この長距離バス、時間に余裕がある人にはとってもお得です。

マントンまで1時間20分の予定で、料金は1ユーロ!

電車だと25分程度で着くそうですが、時間がかかってもこのバスをお勧めする理由がもう1つ。

バスは海岸線を走るので、地中海を眺めながらの小旅行ができます。

ニースからマントンに向かう時には、右側座席の確保が必須になります。

車内からの眺めはとっても素晴らしく、地中海と青い空、そして途中の街ごとに違う雰囲気を感じながら、あたかもそこに行ったかのような気にしてくれました。

Dscf1234

写真だとうまく撮れてませんが、ホントに素敵な眺めだったんですよ~sweat01

そうして、ほぼ予定通りにマントンに到着。

まずはインフォメーションに行って地図を貰ってから、一番の目的であるレモン祭りの会場へ!

マントンはフランスで一番のレモンの産地で、毎年2月にレモン祭りが開催されています。

今年は2/12~3/3で開催されています。

ただ、今日は夜にショーが行われる予定だけのため、オブジェを見学するだけに。

会場はインフォメーションのすぐそばの公園でした。9ユーロ払って入場。

11時近かったせいか、すでに観光客で若干混雑中…

カメラを構えている人が沢山です。でも負けじと私も撮りました!

Dscf1250

会場入口前のオブジェ。黄色とオレンジ色は、レモンとオレンジです!

Dscf1254

今年は映画がテーマです。

Dscf1264

Dscf1276

会場内にはオレンジの木もありました。

Dscf1290

オブジェを修正している人の姿もありました…

Dscf1299

Dscf1308

細長い公園に、1列になるようにオブジェが作られていました。
(撮影場所は二つの会場をつなぐ歩道橋の上。この下は普通の道路です)

Dscf1309

もう一つの会場には、ジュラシックパークが!

全てのオブジェがレモンとオレンジを使って作られていて、とても華やかでした。

これだけ見たらもう満足して、ここからは普通に観光です~

次に行ったのは市庁舎。ここの「結婚の間」が見学できるということだったので行ってみたところ、グループじゃないと入れないとのこと…

調べた時そんなことはどこにも書いてなかったのに…bearing

仕方がないので、旧市街で散策をしました。

まだ12時位だったので、朝市もやっていました~

ここでトマトのオイル漬を購入。

Dscf1369

このおじさんお手製です。

ちょっと歩き疲れたので、ランチタイムに。

マントンはイタリアのすぐ近くのせいか、ピザやパスタのお店が沢山ありました。

その中で、南仏料理もありそうなお店に入ってみました。

Dscf1389

思いっきりPIZZERIAと書いてありますが、メニューにはスープ・ド・ポワソンとかありました。

Dscf1374

つきだしで出た、具沢山ピザ。色々のっていておいしかったです!

Dscf1377

サラド・ニソワーズ。こっちに来て初めて郷土料理です♪

ソースにはちみつが使われていたようで、ちょっと甘めでした。

アンチョビが沢山入っていて、最後はちょっと塩辛くなりましたが…

Dscf1382

スパゲッティ・カルボナーラ。イタリアに近いところだからと思い、頼んでしまいました。

というか、肉料理は気分じゃなく、ピザは隣の家族連れが頼んだのをみて大きすぎる!と引いてしまい、スパゲッティなら…と思ったのですが。

味は美味しかったです!でもこのボリュームで、卵とベーコンとクリーム。

最後まで食べきることはできませんでした…

Dscf1385

デザートにフルーツサラダ。さっぱりとしていて、この時の私には丁度よかったです。
(いつもは物足りない!と頼まないものなのに…)

観光客ばかりのお店かと思っていたら、近所のお店の人達の集団もいたので、意外にもまともなお店を選んだのかも。

お腹も一杯になったので、再び散策へ。

Dscf1393

散策途中に見上げたところで。空の色が真っ青です!

Dscf1405

高台から地中海を。イタリアはすぐそば。

Dscf1411

行き当たりばったりに散策をしていて、海にでたところにあった建物。
実はこれジャン・コクトー美術館です。偶然に遭遇。
市庁舎の見学もできなかったから、ついでに入って見てきました。
小さい美術館だったので、すぐに見終わってしまいました。

この後、お土産ものお買物になったわけですが、ここでデジカメの電池がなくなってしまいました…sweat02

バスの中から調子に乗ってデジカメ使いまくりで、いつも以上に消耗が激しかったのと、予備でもっていたはずのバッテリーが充電されていなく…crying

この後は携帯電話のカメラで撮りました。その画像はそのうちに…

写真も撮れないからと買い物をしたら疲れてしまい、15時過ぎ、もうニースに戻ろうと思い、旧市街から長距離バスターミナルに歩き始めたところで前から音楽が…

何と、パレードが行われていました!

レモンで作られたオブジェがやってきて、その後ろには仮装した子供たちが列をなして歩いてきます。

子供だけでなく、引率している大人も仮装していました。

かなり長い列でオブジェも何個も登場しました。

レモン祭りはオブジェを見学するしかできないと思っていたので、偶然に遭遇した幸運でした!

炎天下の中、1人携帯電話を握りしめて写真を撮りました~scissors

大満足の状態で、ニースに戻ることに。

ただ、ここからがまた大変でした…一日に1回は何かが起こる?

16時過ぎにバスターミナルに着いたので、次は16時20分。帰りも海岸線をゆっくりみたかったので早めに並んでいましたが、待てどくらせどバスは来ず…

16時20分も過ぎ、その次の40分が近づいても来ません。(ここは始発です)

周りの人たちはフランス語で色々と言っていますが、私には全く何を言っているのかわからず…

でも多分、何で来ないんだよ~ということを言っていました。

そして40分を過ぎたところでやっと到着。するとみんな入口に殺到!

大きなおじさん達に押されるし、前にはスーツケースをもったおばさんがいるし、一列に並んでくれ!!と叫びたくなる感じでした。

それでも負けじと乗り込み、左側座席を確保confident

でもずっとバスが来なかった分、乗客は沢山…バスターミナルを出る時には満席に。

次のバス停、その次のバス停とどんどん乗ってきて、車内はすし詰め状態に。

その上、夕方だったため、渋滞に巻き込まれ、結局ニースに着いたのは出発してから2時間後…

やっぱり今日も疲れ果ててしまい、夕飯はお惣菜ご飯になりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

LAC @ニース

ニースでもインターネットが使えます!

なので、元気があったら更新したいと思います…

今日はホテルに到着したのが17時半過ぎ。当初は14時前には着いて、散策をする予定だったのに…sad

まあ、来られただけよかったということで。

まずは国鉄ニース駅横のインフォメーションに行こうと、歩きながら街の様子をみてきました。

ホテルはギャラリー・ラファイエットのすぐそばで、トラムの駅もすぐ近く。

ニース駅からは10分ちょっと歩くけど、お買物したり、あと海にも比較的近いところです。

レセプションのお姉さま方も感じの良い人達で、英語で色々と教えてくれました。

(ちょっと風邪気味?のせいか声がちゃんと出なくなっているので、私も発音が難しいフランス語は諦め、最初から英語で話しました…)

インフォメーション行った後、明日使う予定の長距離バスターミナルの下見に行って、ホテルに戻る途中、ラファイエットの近くでLAC(ラック)というお菓子屋さんを発見しました。

私の下調べ不足なので、このお店について詳しくは説明できませんが、とにかく私ここのフェーヴを持っているんです。

なので、最初ニースでお店を見つけたことにびっくりしました!

Dscf1139

写真のとおり、ルレ・デセール会員のお店です。

お店については別途ちゃんと調べます。

ショコラやカリッソン・ヌガー等南仏郷土菓子もあり、ケーキも美味しそうでした。

Dscf1132

今日買ったのは、このベニエです!揚げ菓子です。

ベニエも南仏の郷土菓子(でしたよね、先生…)。

初日から南仏っぽいものを見つけられてラッキーでした!

本当は夕食も郷土料理と行きたいところですが、体調が微妙なので明日からに備えて部屋でおとなしくしています…

| | コメント (4) | トラックバック (0)